北斗パチンコ

セキュリティ対策の株式会社ラック

閉じる

企業や組織のセキュリティ事故発生時はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予約不要、24時間対応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

セキュリティ製品

AI不正取引検知サービス:AIゼロフラウド

Solutions & Products

AI技術を駆使した高精度な不正取引検知で金融被害をゼロに

インターネットバンキングの不正送金など、私たちが日ごろから利用している決済サービスは、常に犯罪者たちに狙われています。これらの金融犯罪に対して、AI不正取引検知サービス「AIゼロフラウド(AI ZeroFraud)」は、AI技術を駆使することで高精度に不正取引や不正口座を検知し、被害発生を防止します。

サービスの強み

金融犯罪対策のノウハウと最先端AI技術の融合

LAC AI ZeroFraud

AI不正取引検知サービス「AIゼロフラウド」で活用するAIエンジンは、金融犯罪対策に対する深い理解と、最先端のAI技術と知見を融合することによって実現しました。インターネットバンキングの不正送金やECサイトにおけるクレジットカードの不正利用といったオンライン取引の不正を防止するだけでなく、銀行ATMを出入口とした一部の特殊詐欺といった犯罪を未然に防ぐ対策としても有効です。また、犯罪者が不正に作成・取得して犯罪に悪用する不正口座を見つけることにも活用できます。

※ 警察庁による特殊詐欺の分類では、預貯金詐欺・キャッシュカード詐欺盗・還付金詐欺が該当

ラックだからこそ実現できた、最先端の金融犯罪対策ソリューション

  1. AIエンジンの検知性能
    ラックのAI技術開発は、自社内の研究に加えて、学術機関との連携を交えることで“最先端の技術”を常に追求しています。不正取引や不正口座の検知においては金融犯罪の知見もAIエンジンに反映させることで、高い精度での検知を実現します。
  2. 柔軟なシステム連携
    金融機関の勘定系には一切の影響を与えず、取引データの受信と分析結果の返信を実現できます。また、従来の不正取引検知システムと協調して動作が可能で、既存のシステム資産を最大限に有効活用できます。
  3. 最新の脅威にも対応
    不正取引を検知するAIエンジンは、金融犯罪対策センターが日々収集する犯罪パターン情報によりアップデートされ、最新の脅威に対応しています。そのため、利用する金融機関は定期的なメンテナンスにより最新手口への対応が可能です。

サービスの流れ

  1. 事前検証フェーズ
    お客様システムの取引データを事前に受領し、データ分析や不正検知モデルのチューニングを実施して、実現性や有効性を評価します。
  2. 開発・導入フェーズ
    検証結果に基づき、お客様システム環境に沿った形で不正取引検知システムを開発・導入します。
  3. 運用フェーズ
    定期的にAIエンジンのチューニングを行うことで、お客様の最新の取引状況を不正検知モデルへ反映させます。

被害の広がる金融犯罪

フィッシング詐欺などを通じた"なりすまし"による不正ログインによって、インターネットバンキングやECサイトを舞台とした不正取引・金融犯罪は後を絶ちません。特に「特殊詐欺」と呼ばれる犯罪において、一時期、流行りを見せていたオレオレ詐欺が減少する一方で、ATMから資金を不正に窃取される被害として、預貯金詐欺、キャッシュカード詐欺盗、還付金詐欺が増加傾向にあります。

また、これらの犯罪で資金窃取時に送金先としても悪用されている不正口座の件数について、近年では金融機関での対処の件数が増加傾向にあり、不正口座が増えているとすると犯罪者の意欲が高まっている可能性もあるといえます。新たな金融サービス・決済サービスが提供されるたびに、次々と巧妙な犯罪手口が登場していることを考えれば、今後も金融被害の広がりは続く公算が大きく、目が離せない状況です。

インターネットバンキングの不正送金および特殊詐欺の被害の推移

※ 警察庁「令和4年におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について」、警察庁「令和4年における特殊詐欺の認知・検挙状況等について(暫定値版)」をもとに当社にて作成

利用停止、強制解約などが実施された不正口座の件数

※ 全国銀行協会『「口座不正利用」に関するアンケート結果』をもとに当社にて作成

ホワイトペーパー

金融犯罪の実態と金融機関がとるべき対策について、ラックの考えをまとめたホワイトペーパ―を公開しております。

目次

  1. はじめに​
  2. 金融犯罪の実態​
  3. 金融機関がとるべき対策​
  4. 今注目を集める不正取引検知システムとは​
  5. 金融サービスの不正検知のAI適用について​
  6. ラックが開発した不正取引検知システム「AIゼロフラウド」
「金融犯罪の実態と、AIを活用した対策の可能性」株式会社ラック 2022年2月
金融犯罪の実態と、​
AIを活用した対策の可能性

AIゼロフラウドの特長

狡猾な犯罪者は盗み取ったカード情報を悪用しますが、そうした不正取引は正常な取引と比べて極端に件数が少なく(不均衡データ)、従来のルールベースの検知では対応が難しいケースがありました。ラックが開発した技術では、ラックの金融犯罪対策センターと金融機関が持つ犯罪パターンを分析し、学習用データの比率調整を実施することでAIモデルの「特徴量エンジニアリング」に反映し、不均衡データの発見率を飛躍的に向上させ、高精度な不正取引検知を実現しました。

LAC AI ZeroFraudの特長

AIゼロフラウドで検知できること

AIゼロフラウドでは、不正取引と不正口座を検知することができます。これまでに3つのAIエンジンを開発し高精度な検知機能を実現しています。各AIエンジンを組み合わせて活用することで各方面から金融犯罪被害を抑えることができます。提供サービスや運用状況に応じて検知機能を絞ることも可能です。

AIゼロフラウドの検知対象

検知対象 検知対象 概要
①インターネットバンキングでの不正送金 サービス利用者のアカウントが"なりすまし"により不正ログインされ、預金を勝手に別口座へ勝手に送金されるような不正取引を検知します。
②銀行ATMを介した不正取引 銀行のATMにおける預金者を騙した振り込みや、預金者が保有するカードの盗取による現金の引き出し等の特殊詐欺のような不正取引を検知します。
③金融犯罪に悪用される不正口座 提供サービスにおける口座の中で、犯罪者が不正に取得して犯罪に悪用している不正口座を検知します。
LAC AI ZeroFraudの検知対象

システム構成イメージ

AI不正取引検知システムは、AIエンジンを活用し、金融機関から送信される取引情報を分析、その判定結果をリアルタイムまたはバッチ処理(事後)で連携します。

システム構成イメージ

価格

お客様のご要望に応じて、個別にお見積もりいたします。お気軽にお問い合わせください。

「AI不正取引検知サービス:AIゼロフラウド」に関するお問い合わせ

メールマガジン

サイバーセキュリティや
ラックに関する情報を
お届けします。

page top